企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

JAL 働きやすいオフィスづくりにIOT活用 (日経コンピュータ記事より)

POSTED : 2015.12.2

日経コンピュータ 2015.11.12号にJALの取り組みが紹介されています。

 

—————–

取り組みの内容について、日経コンピュータ記事に掲載されている内容を以下抜粋させていただきます。

「間接部門で働く従業員約80人が名札型のセンサーを勤務時に着用」

「約3ヵ月かけデータを収集し、従業員の行動に関する”ビッグデータ”を人口知能を使って分析」

JALでは、「本社間接部門であるIT企画本部、調達本部、人材本部の3本部に導入する」とのこと。

IT企画本部と調達本部ではフリーアドレス制が導入されているとのことです。

—————-

 

従業員がイキイキと働くための施策として、

1)勤務地や勤怠条件を検討する

2)コミュニケーションを活性化させるためのイベントなどを実施する

3)食事の提案をする

4)オフィス環境を改善する

など様々な方法があります。

 

こういった施策を実施した結果、どのような効果があがったか、ということを見える化するのも健康経営だと思います。

効果があろうとなかろうと続けなければ、本当の意味での健康経営は実現しませんが、都度見える化して、改善をはかっていくことも大変重要です。

先進的な企業が最先端の技術をつかってこういった取り組みをされていることは大変参考になると思います。

 

 

以上 日通システム