企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(7月18日日本経済新聞)ネット服薬指導 保険適用

POSTED : 2018.7.18

 

2018年7月18日(火)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『厚生労働省はスマートフォン(スマホ)などで薬剤師が薬の飲み方を指導するオンライン服薬指導について、公的医療保険を適用する。服薬指導の患者負担は費用の最大3割で済む。』

 

『法律上は服薬指導は対面での実施が義務づけられている。オンライン服薬指導は国家戦略特区でのみ実施が許されている。このほど愛知県、福岡市、兵庫県養父市の3区域で実施が認められ、オンライン服薬指導がスタートした。』

 

『18日の中央社会保険医療協議会(厚労省の諮問機関)に提案する。現状の対面での服薬指導の規定を援用する形になる見通しで、利用者の負担は費用の1~3割に抑えられる。』

 

『既に医師がスマホなどで診察するオンライン診療は全国展開が始まっている。オンライン服薬指導が認められないと、患者は医師から処方された薬を薬局まで取りに行かねばならず、完全な在宅医療が実現できない。』

 

以上 日本経済新聞5面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

この新聞記事には図が掲載されていて、在宅患者がスマホで受信、医療機関が処方箋を送付、薬局が自宅に薬を配送するイメージが掲載されています。これが実現すると、従来の薬局と異なる新しいマーケットが誕生すると思います。

 

ネットの仕組みは、書籍や印刷用紙などの確立された強固な流通の仕組みに対しても、革命を起こしてきました。コンビニよりも店舗数が多いといわれており、人々の生活にも不可欠な役割を担っている薬局による薬の流通の仕組みも変えることになるのでしょうか?

 

医療にかかわる大きな変化が起ころうとしています。社会的背景を把握して、やがて訪れる変化に対応するための準備を行うべきであると感じました。

 

以上 日通システム