企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月4日日経産業新聞)栃木県、アプリで健康ポイント

POSTED : 2019.6.7

 

2019年6月4日(火)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『栃木県は6月から、スマートフォン(スマホ)のアプリを活用して県民のウォーキングを促進する「とちまる健康ポイント」事業を始める。歩数に応じてポイントをため、県産の和牛やフルーツなどが当たる抽選に応募でいる仕組み。』

 

『同様の事業は県内の市町でも実施している。18年4月に開始した宇都宮市では4月末時点の参加者が目標より早く1万人を超えた。』

 

以上 日経産業新聞5面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

市町村主催の健康ポイント事業だけでなく、県が主導する健康ポイント事業が増えています。

 

栃木県以外にも、福島県、埼玉県、神奈川県など、県が主導して「アプリ」の開発まで行う県もあります。

 

市町村単位のポイント事業では、在学者、在職者も対象としている場合が多く、

必ずしも住民票のある市町村在住者でなくても参加できるようになっていますが、

対象が県単位になると、さらに参加しやすくなると思います。

 

また、県外の方でもメリットを享受できるようなポイント制があるアプリもあります。

 

こういった取り組みが今後、さらに広がり、全国になっていくと、職域での活用も見込まれ、

ますます活性化していくと思います。

 

以上 日通システム