企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(20150910日本経済新聞)過労で男性自殺 1億円賠償命令

POSTED : 2015.9.11

2015年9月10日 日本経済新聞

以下引用
————
「2011年に京都市伏見区の建設会社」「に勤務していた男性(当時36)が自殺したのは過重労働などによるうつ病が原因として、妻(41)らが会社に1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、京都地裁であり、堀内照美裁判長は請求全額の支払いを命じた。」
「判決理由で堀内裁判長は、男性がうつ病の診断書を社長に見せていたことに触れて『健康状態が悪化しているのを認識しており、安全配慮義務違反があった』としている。」
————
以上迄引用

企業の安全配慮義務違反を原因とする自殺に対して損害賠償を命じる判決はこれまでにいくつもあります。
しかしながら、1億円という賠償金の金額は従来よりもかなり大きいのではないでしょうか?

企業の従業員への安全配慮の責任は高まっていっていると言うことができるかも知れません。

12月から始まるストレスチェック制度は、従業員のメンタル面をケアするためのもの。こういった制度面もしっかりと対応して安全配慮義務違反を問われないようにしていかなければならないでしょう。

以上 日通システム