企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(9月5日日経産業新聞)オリンパス AIで胃がん診断支援

POSTED : 2018.9.7

 

2018年9月5日(水)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『オリンパスは、胃がんの病理診断を支援する人工知能(AI)のソフトウェアを開発したと発表した。呉医療センター・中国がんセンターと共同で、検査用に採取した組織の画像を診断するプログラム構築した。』

 

『開発段階のテストでは陽性のがんを陽性と診断する確率を100%とし、陽性を陰性と誤って診断する確率は0%に抑えた。』

 

以上 日経産業新聞9面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

この記事を見て、人間とAIが役割分担しながらプロフェッショナルな業務に従事する時代がすでに来ていることを強く感じました。技術の進歩は早いですが、いきなり変革するのではなく、徐々に変化していきますので、気が付いたら取り残されている、といったことが起こりえます。AIを用いた新しい技術開発を行う側だけでなく、その新しい技術を使う側も、早い段階で採用していかないと、使いこなせる人と使いこなせない人の差は、どんどん開いていくと思います。

 

以上 日通システム