企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月4日日本経済新聞)エムスリーとサスメド提携 不眠症治療アプリ

POSTED : 2018.6.4

 

2018年6月4日(月)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『不眠症治療アプリを開発中のサスメド(東京・中央)は医療情報サービスのエムスリーと資本業務提携した。ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使った臨床試験(治験)支援の分野で協力する。』

『ブロックチェーンにより、治験参加者のデータが改ざんされず、低コストで効率的に治験ができる利点が見込める。』

 

以上 日本経済新聞7面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

不眠症の治療をアプリで行うことがすでにそれ自体、活気的です。そのためには、データによるエビデンスが不可欠であり治験によってそのデータを蓄積して検証していくことになると思います。そのエビデンスとなるデータを管理しているサーバが攻撃され、万が一書き換えられてしまうと、間違った治療を提供することにならざるを得ません。万が一でも、そういったことが起こらないようにするためのブロックチェーン技術の活用であると思います。データを活用した新たな医療の、最先端の事例だと感じます。

 

以上 日通システム