企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(20150707日本経済新聞朝刊記事)森下仁丹 腸内を分析 個人別サプリ

POSTED : 2015.7.7

2015年7月7日 日本経済新聞朝刊記事より

以下引用

——————-

森下仁丹は個人の体質に合わせた「オーダーメイドサプリメント(栄養補助食品)の開発に乗り出す。腸内細菌分析の慶応大学発ベンチャー、メタジェン(山形県鶴岡市)と8日に共同研究契約を結び、新たな商品・サービスの開発を始める。

——————-

以上迄引用

 

今年から始まった機能性表示食品制度で、健康食品市場の拡大が注目されています。

一方、こういった健康食品の効果はなかなか分からないもの。

トクホの場合は厳格な臨床試験がありますが、機能性食品の効能を把握するのは容易ではありません。

そういった中で、効果が効きやすい人を調べていく研究は、市場を拡大する上でも、また、人々の健康に寄与していく意味でも社会的意義は大きいと思います。

 

特に、健康食品マーケットは、日本が独自の強みを持つ分野。

この分野でしっかりとしたノウハウが確立されることはとても望ましいと思います。

今後の企業・ベンチャー・大学の連携には大いに期待ができます。

 

以上 日通システム