企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(11月14日日経産業新聞)食事・運動の記録蓄積 メドピア スギ薬局とアプリ提供

POSTED : 2018.11.14

 

2018年11月14日(水)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『メドピアは子会社のMediplat(東京・中央)を通じ、消費者の食事や運動の記録を蓄積してヘルスケアサービスに生かすライフログ事業に参入する。スギ薬局(愛知県大府市)と連携し、セルフケアサービス「スギサポ」の提供を始める。』

 

『まず11月に食事制限のある人向けの食事デリバリーサービスを開始。2018年内に食事や歩数を記録するライフログアプリの提供も始める。有料のプレミアムサービスに登録すると、医師や薬剤師などにオンラインで健康相談ができる。』

 

以上 日経産業新聞9面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

この記事の内容からだけでは、どのようなサービスなのか具体的なイメージがわかりませんが、医師同士の情報交換を行うメドピアと、国内に1000店舗以上の店舗を持つスギ薬局が連携して提供するサービスということから、専門性と消費者視点の両方を兼ね備えているような感じがします。

 

手間なく取得できる個人のライフログ+ワンストップでオンラインでつながる医師や薬剤師によるアドバイス+実際の店舗という、新しい考え方でのヘルスケアサービスが誕生するのではないかと感じます。

 

こういった記事を見ると、ヘルスケアサービスの市場はまさに発展途上であり、これからも利用者にとって利便性が高いサービスがどんどん誕生する可能性があるということを改めて認識します。

 

以上 日通システム