企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(10月31日日経産業新聞)血糖値の測定 採血せずに

POSTED : 2018.11.1

 

2018年10月31日の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『ヘルスケアスタートアップのライトタッチテクノロジー(大阪市)は、持ち運びやすく採血不要の血糖値測定器を開発した。赤外線を指に照射するだけで測定でき、ペットボトルほどの大きさ。外出先で気軽に測定できるようにし、糖尿病患者や予備軍の食事管理に生かす。』

 

『開発した「モバイル型非侵襲血糖値センサー」は、指に針を刺すなどする従来の測定器と異なり痛みを伴わないのが特長だ。』

 

『測定結果は近距離無線通信「ブルートゥース」でスマートフォン(スマホ)などに送信し、アプリでグラフ化して血糖値の推移を確認できる。』

 

以上 日経産業新聞9面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

血糖値は、1日の間で何度も変化しているので、測定するタイミングが重要です。痛みなく、簡単に血糖値を測定できれば、測定する頻度が高くなり、それによって自らの健康状態に気が付き、管理することができる人が増えると思います。

 

またデータが自動でスマホに飛び、自動で血糖値の推移が確認できるというも大きなメリットであると思います。

 

年に1~2回しか受けない健康診断と、日々の体重、日々の歩数、日々の血糖値など、毎日のデータを併せて管理できれば、自分の健康状態、身体の好不調に日々気が付き、健康の維持・増進に役立つと思います。

 

以上 日通システム