企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(10月10日日経産業新聞)社員に睡眠報酬制度 クレイジー 社内で使えるポイント付与

POSTED : 2018.10.15

 

2018年10月10日(水)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『結婚式運営のクレイジー(東京・墨田)は9日、福利厚生の一環として全社員を対象に「睡眠報酬制度」を導入すると発表した。スマートフォン(スマホ)の睡眠計測アプリを使い、規定時間以上の睡眠をとった社員にポイントを付与。社員の健康や生産性向上を図る。』

 

『6時間以上の睡眠を1週間のうち5日以上とった社員にポイントを付与する。5日間達成で500ポイント、6日間で600ポイント、7日間で1000ポイント。』

 

以上 日経産業新聞17面掲載記事の一部より抜粋

 

—–

 

睡眠は帰宅後のプライベートの時間の使い道の一つであるので、会社が関与することに抵抗する考え方もあると思います。しかしながら、会社が「睡眠を奨励する」というメッセージを発して、それに対してインセンティブを付与するということの意義は大きいと思います。データの裏付けだけでなく、しっかり休んで、元気に会社に出社してほしいという会社から社員に対する想いを感じます。

 

歩くことが健康に良い、バランスのよい食事が健康によい、睡眠時間を確保することが健康によい、禁煙が健康に良いということが明らかになっているなかで、これまで睡眠については、会社として応援する手段がなかったと思います。こういったアプリを活用することで、睡眠の奨励も実現できるということが分かりました。

 

それぞれの企業毎に抱えている課題は異なり、経営層の想いも異なります。健康経営の実践手法が増えていくことは、健康経営を実践する企業にとっても、健康経営実践のためのサービスを提供する企業にとっても望ましいと思います。

 

こういった様々な活動が活性化して、ますます健康経営が盛り上がっていくとよいと思います。

 

以上 日通システム