企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(1月24日日経産業新聞)電子カルテ 地域で共有

POSTED : 2019.1.24

 

2019年1月24日(木)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『社会医療法人石川記念会のHITO病院(愛媛県四国中央市)は、患者の診療や検査に関するカルテ情報を地域の他の医療機関から閲覧できる情報網を構築する。同市内の2つの開業医との間でこのほど運用を開始。』

 

『同病院に来院した患者が、かかりつけの開業医などで継続的に診療を受ける際、蓄積したカルテ情報などを開業医へネットワークを通じて提供。リハビリや生活面の指導効果を高め、紹介や来院患者の増加にもつなげる。』

 

『インターネット上で暗号化した情報をやり取りするネットワークを介して、開業医などがHITO病院のカルテ情報を閲覧できるようにした』

以上 日経産業新聞 9面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

地域の中核病院による、地域の医療機関との電子カルテ共有のためのネットワークに関する事例の紹介ですが、この事例の場合、中核病院側ではサーバーや暗号化のための大規模な投資が発生している一方で、開業医側はインターネット上で閲覧するためほとんど投資は発生しないと思います。

 

開業医側で大きな投資負担が発生しない場合、ネットワークは大きく広がっていく可能性が高いと思います。ネットワークが広がれば広がるほど、地域での医療連携におけるメリットは大きいと思います。

 

ここまで大きな投資と、技術的なフォローができる医療機関は限られていると思いますが、今後地域医療ネットワークを確立していくにあたっての一つのモデルとして、大変参考になると思います。

 

以上 日通システム