企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

ゲーミフィケーションを活用した米国のヘルスケアサービス9選

POSTED : 2015.8.28

先の記事では、ゲーミフィケーションの特徴とその効果について紹介しました。今回は、米国で実際にゲーミフィケーションを活用しているヘルスケアサービスについて紹介します。

1. Rally health

rallyhealth

Rally healthは、ユーザーがヘルスケアに関してもっとアクティブになれる、なるべきだと考え、ユーザーに「ライフスタイル計画のプラットフォーム」を提供している。HIPPA(アメリカの医療機関における患者情報の機密性、統合性、および可用性を維持することを目的に定められた法律)に準拠したデジタルヘルスケアプラットフォームは、ソーシャルネットワーキング機能とゲーム機能が融合されており、他者とつながり、目標に対する進捗度を競争することができる。健康的なライフスタイルに近づければ、報酬を得ることができる。また、パーソナルリコメンド機能、目標設定、オンラインでの検査、そしてワンストップでのデータ追跡もできる。米保険大手CIGNA(シグナ)社とも提携している。

2.Mango Health

mangohealth

服薬アドビランスの向上を図るサポートをするサービスで、ゲームのデザインとモバイルアプリの良さが融合されている。薬や栄養サプリの服用管理を楽しく行うことで目標の達成をサポートする。リマインダー機能があり、それに従って定刻に服用すればポイントを稼ぐことができる。

3.Ayogo

ayogo

肥満のような慢性疾患を抱えている方、特に新たに慢性疾患と診断された人を巻き込み、教育し、モチベーションを与え、長期的に行動変容を促すためのソーシャルゲームを提供する。ハーバード大学メディカルスクールのJoslin Diabetes Centerなどと提携。ゲームによる動機付け効果、SNSによる他者の巻き込み効果を用いて、患者が生活習慣を変えることをサポートする。医師が指導した治療プログラムや生活習慣の改善がきちんと守られるように手助けしてくれる。自己レポート機能や双方向コミュニケーション機能、アクティビティのチュートリアルを通じて患者をより健康志向にさせる。

4.EveryMove

everymove

設定した健康活動を継続した場合に報酬が得られる。ユーザーは目標に対する進捗状況を確認でき、友人がユーザーを励ますとボーナスポイントを受け取れる。利用は無料で、報酬は特定のブランド、雇用主、ヘルスケア計画事業体等が用意した上で、ユーザーが選べる。ユーザーが報酬を獲得すると、EveryMoveは報酬を用意した側からわずかなマージンをもらう。ヘルスケアサービス企業(報酬提供者)は、EveryMoveを使うことで消費者との関係を向上し、行動を励して自社サービスの利用を促すことができる最近、VCやヘルスケア計画事業体から260万ドルの資金調達を実施した。。

5.RespondWell

respondwell

日々のリハビリを継続するのは容易ではない。RespondWellは、エンターテイメント、挑戦、報酬といったメカニクスを提供し、患者を励まし身体リハビリを継続させる。具体的には、患者が自宅やクリニックでリハビリをする際にマイクロソフトのKinect(キネクト)を使って動きをトレースする。ユーザーは、Kinectがなくても自宅やクリニックからプラットフォームにアクセスでき、それらの情報を確認できる。近年、このようなヘルスケア製品の設計思想が結果指向になっており、患者の定点モニタリング、リハビリ結果のトレース、データ解析、そして成果の予測ツールなどが備わるようになった。

6.GymPact

gympact1
gympact2

フィットネスをする際に、“責任を果たす”という行為(メカニクス)が有効なツールになる場合がある。GymPactでは、ユーザーが“Pact”というフィットネスプランを自分で作りそれに従う。例えば、ジムに行く、食事ログを取る、毎日野菜を取る、といったプランなどで、ユーザーは野菜の写真などのエビデンスを適宜アップロードする。それらを怠ると、ユーザーは少額の“罰金”を払うことになる。ただし、最終的にプランを完遂すれば支払った金額は戻ってくる。プランを完遂できなかった人は預かった金銭がプールされ、他のユーザーへの払戻金にあてがわれる。完遂したか否かは申告制のため、ユーザーが正直であることが前提だ。

7. Syandus

syandus

今この瞬間に自分の体内で何が起きているか考えたことはあるだろうか?Syandusは、COPDの患者の日常における選択がどれだけ直接健康に影響しているかをシミュレーションを用いて伝えるアプリケーションだ。医師はこの“バーチャル患者”(病状)に対して病状の説明等をアップロードできる。リアルの患者は、喫煙習慣、ドラッグ治療、その他の変数をプラグインに登録し、変数を変えて結果をチェックすることができる。

8. Hubhub Health

hubhub

従業員の健康と生産性向上に関心を寄せる企業向けのサービスで、最新のソーシャルゲーム技術、メソッドを利用して従業員が楽しく健康的になるために動機づけをするサービス。画面の操作が簡単で、余計な作業の必要がない。実証段階では、被験者が以前より運動するようになり、平均3ポンド(約1.36㎏)減量に成功した。また、52人以上の友人がサポーターになってくれた。

9.Fix ( UtiliFIT)

fix

当サービスは、健康が生活の全ての側面に良い影響を与える、というのがコンセプトだ。Fixはインタラクティブでクオリティの高いゲームで、健康活動や日々の行動を他のユーザーとつながって楽しく管理することができる。(おわり)