企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • 専門家視点で発信する健康ブログ

専門家視点で発信する健康ブログ

再検査受診の勧奨を誰が行うか?

POSTED : 2019.5.21

 

 

厚生労働省 「定期健康診断結果報告」によると、定期健康診断における有所見率は以下の通りとなっています(単位%)。

 

有所見率は5割を超えており、かつ少しずつ、上がっていることがわかります。

 

なお、「定期健康診断結果報告(2017年)」によると、平成29年度の定期健康診断の受診者数は約1,360万人となっています。

 

出所:厚生労働省 「定期健康診断結果報告(2017年)」のデータを日通システム加工

 

 

さて、少し視点を変えて、特定健康診査・特定保健指導の実施率を見てみます。

 

特定健康診査の実施率です。

 

出所:厚生労働省 「2017年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況」のデータを日通システム加工

 

特定保健指導の実施率です。

 

出所:厚生労働省 「2017年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況」のデータを日通システム加工

※次の注記あり「全国健康保険協会の2015年度の実施率の低下は、不審通信への対処のため、約1年間、協会けんぽのシステムについて、ネットワーク接続から遮断したこと等により、健診結果のデータをシステムに効率的に登録することができず、初回面接の件数が大きく落ち込んだことが影響している。」

 

なお、同、厚生労働省 「2017年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況」から、2017年度の特定健診対象者の総数は5,388万人になっています。そのうち、53.1%が受診しているので、2,861万人が受診ということになります。そして、特定保健指導対象者の総数は492万人となっております。その対象者の19.5%にあたる約96万人が実際に特定保健指導を受けたことになります。

 

 

 

上記に記載させていただきましたこれまでの内容についてまとめさせていただくと以下の通りとなります。

 

1)2017年度の定期健康診断受診者数 約 1,360万人

 

2)2017年度の定期健康診断受診者のうち、有所見者の人数 約 735万人

 

3)2017年度の特定健康診査の受診者数 約 2,861万人

 

4)2017年度の特定保健指導対象者数 約 492万人

 

5)2017年度に実際に特定保健指導を受けた対象者 約 96万人

 

なお、3)4)5)については、市町村国保、国保組合などの対象者も含まれています。

 

ご参考までに、2017年度の全国健康保険協会の特定健診対象者数は1,671万人、うち、49.3%が特定健診を受診しているので、約823万人。2017年の健保組合の特定検診対象者数は1,235万人、うち、77.3%が特定健診を受診しているので約955万人、となります。

 

特定健康診査・特定保健指導は40歳以上が対象です。そして、定期健康診断は企業が実施責任をもち、特定健康診査・特定保健指導は保険者が実施責任をもちます。職域で考えた場合、企業が実施責任を持つ定期健康診断の受診者数を、健保が実施責任を特定健康診査の受診者数を若干上回っているという感覚でしょうか?

 

さて、定期健康診断にしても、特定健康診査にしても、有所見者の方々の中には「要再検査」の方がいらっしゃいます。この「要再検査」という判定をされた方に対して、実際に再検査を受けるかどうかを本人の判断にゆだねるのではなく、組織として再検査を勧奨することで産検査実施率を向上させることができ、結果として疾病の発症を未然に予防することに大きく寄与します。

 

しかしながら、この「再検査の勧奨」は、企業に義務付けられているわけではなく、また特定保健指導のように国の施策として実施率向上に取り組んでいる内容でもないので、見落とされがちです。

 

健康診断で再検査の判定が出た方に対しては、確実に再検査をしていただくことが重要にもかかわらず、それを促す仕組みができていない企業がたくさんあります。むしろ、コラボヘルスで企業と健保が一体となって取り組んでいる場合以外では、再検査を促す仕組みが構築されている企業はまだまだ非常に少ないと思われます。

 

健診を受診して、「要再検査」と記載された健診結果を受け取った方は、その時は不安になりますが、特に自覚症状がなければそのままになってしまいがちです。組織として、再検査を促す仕組み・システムを構築して、再検査受診率向上を目指していくことが社員・被保険者の病気の予防につながり、それによって企業の生産性の向上に寄与します。

 

誰が、再検査の勧奨を行っているか?

 

もし、貴社が、この質問に対して、明確に答えることができない場合、ぜひ再検査の勧奨を仕組化することをご検討いただきたく思います。健診管理システムを導入することで、健診受診者の中から有所見者、そして再検査対象者をソートして、メール等で自動的に再検査を勧奨することができます。

 

以上 日通システム