企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • 専門家視点で発信する健康ブログ

専門家視点で発信する健康ブログ

健康経営~見て、聞いて、みんなで考えよう~

POSTED : 2019.2.5

 

 

平成31年3月30日(土)~4月7日(日)までの9日間、ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)で日本最大級の「医と健康の博覧会」である健康未来EXPO2019(https://kenko-miraiexpo.jp/)が開催されています。

 

健康未来EXPO2019では、4つの「まち」・2つの「ひろば」での様々な展示で最新の医学・医療を楽しく体験できる他、著名人による特別講演やTV番組の公開収録など注目のイベントも企画されています。

 

4つの「まち」の一つ、”あたたかいまち”では、期間中、健康経営に関する展示も行われており、展示やミニセミナーが企画されています。

 

【展示内容】

※ 今後更新いたします

 

【ミニセミナー スケジュール】

※ 今後更新いたします

 

【主催】

第30回日本医学会総会 市民展示 健康未来EXPO2019 「健康経営―見て、聞いて、みんなで考えよう」ワーキンググループ

 

【共催】

あいち健康経営会議実行委員会

 

【監修】

あいち健康経営会議実行委員会

第30回日本医学会総会2019中部 展示委員会

 

 

【テーマの主旨】

企業が従業員の健康に投資し、配慮することによって、経営面においても大きな効果が期待できる、との基盤に立って、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践する「健康経営」が重要となっています。

 

健康を維持するための生活習慣を身に着けることは、決して簡単ではありません。しかし、一日の大半を過ごす職場を通じて、生活習慣の重要性を理解し、職場で適切な生活習慣を身に着けることができれば、働く世代の健康増進に大きく寄与できます。このような視点からも「健康経営」への期待はますます高まっています。国をあげての働き方改革が進められる中、経営者の「健康経営」についての理解はもとより、当事者となる市民の理解、意識改革および積極的な参加、実践の推進は必要不可欠です。

 

健康未来EXPO2019における「健康経営」コーナーでは、「健康経営」の推進を担う企業やサービス提供者などが一体となって、「健康経営」に関する最新情報、取り組み事例や効果、具体的なサービスの紹介などを行い、その価値と意義、魅力をわかりやすく展示することを通して、実践の当事者となる一般市民や企業担当者に「健康経営」の理解を広げ、「健康経営」のさらなる推進につなげていく機会といたします。