企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(8月2日日経産業新聞)ルネサス 在宅勤務 理由問わず

POSTED : 2017.8.3

 

2017年8月2日(水)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『半導体大手のルネサスエレクトロニクスは自宅で業務に取り組む在宅勤務制度を4月から始めた。営業や設計開発、総務など幅広い部門で実施。対象は国内社員の半数超の6400人に上る。月8日を上限に、介護や育児などの理由を問わず、柔軟に活用できるのが特徴だ。遠距離通勤者や海外とのテレビ会議で早朝・深夜に働く社員らに歓迎されている。』

『ルネサスが在宅勤務制度を導入したのは、現場からの声がきっかけだった。』

『上司が勤務実態をどう把握するのかといった課題が浮上したが、部署内で共有できるスケジュールシステム、電話会議システムなどで対応した。』

『足元では約2400人が在宅勤務制度を活用する。人事・総務統括部労政課は近く利用者のアンケート調査を実施し改善点を洗い出す計画だ。』

 

以上 日経産業新聞19面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

大企業では在宅勤務制度を導入した場合、すごい数の方が活用をするのだということを改めて感じました。管理部門による就業管理での課題は多いと思いますが、利用する人数が多いほど、社会に与える影響という意味でも大きいと思いました。大企業が在宅勤務制度を先行して導入してくれているおかげで、様々な課題とそれに対する対策も明確になってきており、本当にありがたいと感じます。

 

以上 日通システム