企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(7月20日日本経済新聞)労金「責任投資」に署名へ

POSTED : 2017.7.20

 

2017年7月20日(木)の日本経済新聞朝刊に以下記事の掲載がありました。

 

『全国13ある労働金庫の中央組織、労働金庫連合会は国連が提唱する「責任投資原則」に署名する。環境や社会貢献、企業統治に着目して投資先を選ぶ仕組みで、企業の持続的な成長を重視する。』

『原則の柱は「ESG投資」と呼ぶ手法だ。環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字で、3つの課題の取り組み姿勢を投資の判断材料にする。』

『国連の責任投資原則は06年に創設した。署名済みの資産運用会社などは1700を超え、運用資産残高は68兆ドル(7600兆円)の規模となった。』

 

以上 日本経済新聞 7面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

短期的なリターンではなく、持続性や社会性含めた長期的な企業への信用を投資の対象としていることが明確だと思います。社会の大きな変化を感じます。健康経営や女性の活用に取り組んだり、育児しやすい環境を整備している企業に対して融資を行う制度も誕生していますが、同様の方向性にあると思います。労働金庫が責任投資原則に署名するということで今後他の国内金融機関にも広がっていくことが期待できると思います。

 

以上 日通システム