企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(7月1日日本経済新聞)精神疾患の労災最多

POSTED : 2017.7.3

 

2017年7月1日(土)の日本経済新聞朝刊に以下記事の掲載がありました。

 

『長時間労働などで精神疾患を発症し、2016年度に労災認定を受けたのは498人で、過去最多を更新したことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。前年度と比べて26人増えた。498人のうち3割超は月平均100時間以上の時間外労働をしていた。』

『うつ病などの精神疾患による労災申請は前年度から71人増え1586人。こちらも過去最多となった。』

 

以上 日本経済新聞38面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

2017年度は長時間労働の精神疾患もうつ病などによる精神疾患も労務環境が改善して減少し、労災認定、労災申請ともに減少に転じることを心から願います。必ず減少に転じることができると思っており、それはまさに今、企業の取り組み姿勢にかかっていると思います。

 

以上 日通システム