企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月29日日本経済新聞)メットライフや東京海上 認知症支える保険続々

POSTED : 2017.6.29

 

2017年6月29日(木)の日本

 

経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『メットライフ生命保険は7月、認知症と診断された時点で一時金を支払う業界初の商品を発売する。東京海上日動火災保険も認知症患者の捜索費などを保証する保険の加入対象を小規模事業者に広げる。』

『認知症治療に特化した商品はT&Dホールディングス傘下の太陽生命保険が昨年3月に発売し、5月時点での契約数は20万件を超えた。朝日生命保険も昨年4月に取扱いを始め、3月末での契約数は4万1千件と想定を大きく上回る。』

 

以上 日本経済新聞7面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

認知症が社会的課題として取り上げられる頻度が多くなっています。超高齢社会を迎えた我が国にとって、認知症は将来さらに増えることになる喫緊の課題です。早期に発見して必要な対策を行う仕組みも必要であり、発症後に社会で支え合う仕組みも必要です。こういった将来のテーマに対して、早い段階から民間企業がビジネスとして取り組むことは難しいですが、すでに複数の保険会社が対応する保険商品を充実させているとのこと。様々な企業がこれに続き、社会としてこの課題に対処できるようになると素晴らしいと思います。

 

以上 日通システム