企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月14日日経産業新聞)NEC 心拍データから感情分析

POSTED : 2018.6.14

 

2018年6月14日(木)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『NECはウェアラブル端末で心拍データを取得し、人間の感情を分析するサービスを発売すると発表した。』

 

『分析の結果、ストレスがたまっている社員は休みを取るなど社員の健康管理に役立てる。』

 

『利用料金は社員1人あたり月1000円から。別途ウェアラブル端末やシステムの導入費用がかかる。』

 

以上 日経産業新聞 4面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

IoTであらゆるデータが取得できるようになり、データ解析で様々なソリューションが誕生しています。

 

データが蓄積すればするほど、誕生するソリューションの数が増えるので、それらのソリューションを使う側の知識が重要になってくると思います。

 

「社員の健康管理に役立てる」というテーマは各企業によって内容はすべて異なると思います。何もしなければ、何も変わりませんが、投資をすれば必ず何かしらのリターンがあります。その投資の対象がどんどん新しく生まれているというのは大変望ましいことであると思います。

 

以上 日通システム