企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月14日日経産業新聞)大阪府 AI使う健康事業募集

POSTED : 2018.6.14

 

2018年6月14日(木)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『大阪府はヘルスケアに人工知能(AI)などを組み合わせた新たなビジネスモデルの創出を支援する。スタートアップ企業や個人からビジネスプランを募り、健康ビジネスの専門知識を持つ中小企業診断士らがプランの内容向上に協力する。』

 

『「健康寿命延伸産業アクセラレータープログラム」として19日に大阪インキュベーションハブでキックオフ・セミナーを開く。』

 

以上 日経産業新聞9面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

新規事業に取り組む企業をハンズオンで支援するモデルですが、大阪府が取り組んでいる点に注目です。

 

地域で取り組む上でのメリットはたくさんあります。地域の産学連携促進にもつながりますし、優秀な企業が集まる素地にもなります。

 

ヘルスケアが産業となるためには、先進的なテクノロジーに基づくソリューションだけでなく、具体的なニーズが必要であり、そのニーズは地域に存在しています。

 

地域が主体となって、ヘルスケア産業が育成されるための仕組みが広がっていくと、健康寿命延伸が実現していくと思います。

 

大阪府のプログラムは以下ホームページに掲載されています。

 

http://kenko-osaka.jp/index.html

 

以上 日通システム