企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(4月7日日本経済新聞)日本の睡眠時間 主要国中で最短

POSTED : 2018.4.9

 

2018年4月7日(土)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『日本の平均睡眠時間は主要28か国で最短―。心拍計を製造・販売するフィンランドのポラール・エレクトロは自社製品の顧客データをもとにした分析結果をまとめた。日本人の睡眠時間は男女とも最長だったフィンランド人より男性が54分、女性は1時間5分短い。睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」が話題となるなか、眠り方を再考する動きが広がりそうだ。』

 

以上 日本経済新聞12面掲載記事の一部より抜粋

 

—–

 

睡眠時間は国内でも海外でも、個人によって偏りがありますので平均のデータからは判断することはできませんが、OECD加盟国の中で一人当たりの生産性がトップクラスのフィンランドが最長、一人当たりの生産性が20位台の日本が最短というデータの持つ意味は大きいといえます。

少なくとも、睡眠不足がパフォーマンスを低下させる可能性があることは否めないと思います。このデータだけから、たくさん寝たほうが良いということは言えませんが、睡眠という要素に注目することは重要であると思います。

 

以上、日通システム