企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(4月14日日本経済新聞)オンライン診療優遇  ICTで医療効率化

POSTED : 2017.4.14

 

2017年4月14日(金)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『政府は情報通信技術(ICT)の活用で医療と介護の効率化を進める。電子機器で遠隔からデータを集めるオンライン診療や、介護を支援する見守りセンサーの導入などを促進。2018年度に予定する診療報酬と介護報酬の同時改定で、事業者らへの優遇措置を盛り込む。遠隔地の高齢者支援や介護の人手不足などの課題解決につなげる』

『ICTの活用は患者の来院の手間を省き、日常からきめ細かく体調を管理できる。医師もデータを使い効果的な医療サービスを提供できる。』

 

以上 日本経済新聞3面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

大変重要な方針だと思います。医師が不足している中、ICTの利用で課題の解決の一助になると思い、また、ICTの優遇で普及も進むかと思います。一方で、ICTを利用する医師と利用しない医師との間で格差が生まれることは決して望ましいとは言えません。ICTの普及と医療の充実、医師の活躍できる環境のすべてを満たしながら進めていく必要があり、これからの政府のかじ取りに期待したいと思います。

 

以上 日通システム