企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(4月13日日経産業新聞)仕事より私生活75.8%

POSTED : 2018.4.13

 

2018年4月13日(金)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『8割弱の新入社員が「仕事よりもプライベートを優先したい」と考えているーー。日本能率協会が12日発表した調査で、こんな実態が浮かびあがった。』

『3月下旬から4月上旬に、同会の新入社員向け公開セミナーの参加者を対象にネットで調査し、352人から回答を得た。回答者の過半数は従業員数が300人未満の中堅・中小企業に勤務している。』

 

以上、日経産業新聞15面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

この調査結果を、衝撃的なデータと受け止める方と、予想通りと受け止める方に大きく分かれるのではないかと思います。社会人になる前は仕事よりもプライベートを優先したいと思っていても、いざ就職先の内定を受けると、そういう考え方は通用しないと思い知るのがかつての日本の姿だったと思います。

新入社員の考え方だけでなく、企業側の受け入れ方も大きく変わってきていると思います。優秀な人材を採用するための方法、優秀な人材を採用して早期に戦力化するための教育の方法、それぞれ見直しながら、人財とともに企業として成長していく姿を描いていくことがこれまで以上に重要になってくると感じます。

こういったアンケートのデータは時代の流れを把握し、企業としての戦略を構築する上で、大変貴重だと思います。

 

以上 日通システム