企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(3月30日日本経済新聞)味の素、朝型シフト 就業開始を30分早く

POSTED : 2017.3.31

 

2017年3月30日の日本経済新聞朝刊に以下記事の掲載がありました。

 

『味の素は4月から就業開始時刻を今より30分早め午前8時15分にする。終了の時刻も午後4時30分と50分早くし、1日あたりの所定労働時間を20分短い7時間15分とする。働き方改革の一環。』

『2020年度にはさらに所定労働j館を短縮し、1日あたり7時間とする方針だ。』

 

以上 日経新聞朝刊16面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

単純な労働時間の短縮ではなく、朝型にシフトしている点がポイントだと思います。単純な算数で考えてしまうと、朝の30分の仕事から得られるアウトプットは夕方での50分の仕事に匹敵するということかと思います。当然、空いた夕方の時間を社員は有意義に過ごすことができるようになります。

 

以上 日通システム