企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(1月6日日本経済新聞)非正規労働者に国家資格の訓練

POSTED : 2018.1.8

 

2018年1月6日(土)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『厚生労働省は2018年度から、年間2万人超の非正規労働者らを対象に、国家資格を取得させる事業に乗り出す。栄養士や建築士など実践的な資格を取得させるため、最長2年の長期訓練コースを全国の教育機関に整備する。』

 

『来年度からは長期訓練コースの内容を栄養士や建築士、高度なIT(情報技術)系の国家資格などにも広げる。財源は雇用保険の積立金を活用し、18年度予算案に2万人超分の育成費用を盛り込んだ。』

 

『厚労省は社会人の学び直しに力を入れる。18年度からは、仕事に就いていない人が働きながら学びなおすための支援事業を始める。』

 

以上 日本経済新聞 5面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

正規社員の育成はどの企業も取り組んできたと思いますが、非正規雇用の能力向上を、独自に取り組んでいる企業は少ないのではないでしょうか?働き方改革法案で、非正規雇用から正規雇用への転換が進むことになります。正規雇用社員よりも能力が高い非正規雇用社員はたくさんいます。国の制度を活用しながら、現時点では非正規雇用の社員に対して、将来、正規雇用になってもらうことを視野に入れたうえで、教育訓練を行うことは、企業にとって必ずプラスになると思います。

 

以上 日通システム