企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(1月26日日経産業新聞)元気な高齢者の移住促進

POSTED : 2018.1.26

 

2018年1月26日(金)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『JTBは25日、人口減少に悩む地方自治体が都市部に住む元気な高齢者らの移住を促す「CCRC」構想を支援すると発表した。岡山県玉野市で事業主体となった。』

 

『CCRCは高齢者が元気なうちに移り住み、地域貢献や生涯学習に取り組み交流しながら暮らす。介護や医療が必要になっても継続的にケアを受けられる。国も後押ししており、200以上の自治体が取り組みを進めている。』

 

『まず、1月下旬~2月上旬にサイクリングや温泉入浴、釣りなどを組み合わせた試験ツアーを催す。』

 

『今後はツアー客のほか移住者や既存住民も取り組める健康増進プログラムを商品化する。』

 

以上、日経産業新聞13面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

CCRCはそれ自体がコンセプトが定まっており、今後そのコンセプトに合致しながらも、様々な事業主体に応じた柔軟な形で様々なCCRCの運営が進められていくと思います。65歳以上の人口比率が21%を超えた超高齢社会を迎えた我が国が、社会保障制度だけではなく産業として、人生100年時代を実現していく上で、CCRCへの期待は大きいと思いますし、CCRCが自発的、自律的に運営されるようになると、その事業主体は様々な展開が可能になると思います。
今はまだ、自治体の協力のもとで、大学や一部の大手企業によって運営されている事例が多いと思いますが、将来、地域密着で様々な事業が誕生し、豊富な経験と知識をもち、かつ健康維持増進を行う元気な高齢者によって実現する、素晴らしいコミュニティとなっていくと思います。

 

以上 日通システム