企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(8月18日毎日新聞)18社健保が「禁煙」連合体

POSTED : 2017.8.18

 

2017年8月18日(金)の毎日新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『日産自動車、日本航空、リクルートグループなど大企業18社の健康保険組合が加入者58万人規模の連合体(コンソーシアム)を作り、遠隔禁煙外来による治療に取り組む。東京五輪・パラリンピックのある2020年までに喫煙率を5%下げ、3万人規模の加入者を禁煙させる。厚生労働省は先月、対面診療なしの完全遠隔禁煙外来を健保組合などの事業として初めて認めたが、最初の社会実験となる。』

『参加組合は日産自動車健保や野村証券健保、花王健保、コニカミノルタ健保などで加入者総計は約58万300人。』

『地方に生産・販売拠点を置く企業は近くに禁煙外来がなく、通院に困難を伴う例もあり、禁煙成功率の向上が期待される。』

 

以上 毎日新聞1面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

禁煙外来の遠隔診療がいよいよ始まります。複数の健保がコンソーシアムを作って取り組むということで、遠隔診療という点だけでなく保険者による被保険者の健康増進のための取り組みの新しい形としても注目されます。少しでも喫煙率の低下に効果があれば、さらに広がっていく可能性があると思います。

 

以上 日通システム