企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(7月27日日本経済新聞)ストレスチェック実施82%

POSTED : 2017.8.2

 

2017年7月27日(木)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『厚生労働省は26日、企業などに従業員の心の健康状態の点検を義務づけた「ストレスチェック制度」の実施状況を初めて公表した。実施率は82.9%にとどまり、実施したうえで部署による違いなどの分析までしたのは64.9%だった。』

『厚労省は今年6月末時点での状況をまとめた。全体の実施率は82.9%で、業種別では金融・広告業が93.2%で最も高かった。全事業所の従業員のうち、78.0%が同時点までにストレスチェックを受けた。』

『医師による面接指導は32.7%の事業所が行っていた。高ストレスの従業員がいなかったことで面接をしなかった事業所もあるとみられるが、厚労省は面接指導が必要なのに受けていない従業員も多いとみている。』

 

以上 日本経済新聞朝刊38面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

制度の定着までに時間がかかると思いますが、法定の一般健康診断同様にストレスチェックもすべての企業が実施するようになっていくことになると思います。その一方で、ストレスチェックを効果的に活用してよりよい職場を構築できる企業と、ただ実施するだけの企業との差は広がっていくと思います。産業医等と連携しながら、外部業者やシステムなども活用すれば、ストレスチェックは労務環境改善のために役立てることができます。2年目に入った今年のストレスチェックの効果的な運用が重要だと思います。

 

以上 日通システム