企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月28日朝日新聞)診療支援にAI 20年度実用可能

POSTED : 2017.6.29

 

2017年6月28日(水)の朝日新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『医師の診療や薬の開発を支援する人工知能(AI)を2020年度に実用化できるとした報告書を、有識者でつくる厚生労働省の懇談会が27日、公表した。』

『報告書は、比較的早く実用化できる領域に、遺伝子を調べて効果的にがん治療などを進めるゲノム医療▽X線や内視鏡、皮膚科や眼科などで得られる画像を集約した診断支援▽問診や検査のデータを蓄積した治療支援▽ターゲットとなる分子を予測した薬の開発支援-の4分野を挙げる。』

 

以上 朝日新聞朝刊 掲載記事より一部抜粋

 

――――――

 

あらゆるデータをシミュレーションして、最適な答えを出すというプロセスにおいて、AIは人間よりも優れているということは、チェス、将棋さらには囲碁でも証明されてきました。たしかに上記あげられた4点は、いずれも、このパターンの解析とシミュレーションの仕組みを活かすものであると感じます。その一方で、上記4分野は、集約とか、蓄積とかデータ特有の表現が使われているものの、かなり広範囲な分野に及んでいると思います。

あらゆるデータを蓄積したときに、もしかしたらAIはデータを蓄積してシミュレーションするだけでなく、これまで我々が考えても来なかったような新たな診療上の発見をAIが実現する可能性も皆無ではありません。

診療や薬の開発という人の命に直結する活動に対して、人間の能力を部分的に超える能力を持つAIの秘めた可能性を活用していく上で、様々なジレンマがあると思います。こういった論点に対する国のリーダーシップへの期待は大きいと思います。

 

以上 日通システム