企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(6月19日日経産業新聞)50代以上 作業しやすく ダイハツ 椅子など生産ラインに

POSTED : 2017.6.19

 

2017年6月19日(月)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『ダイハツ工業は国内の完成車の組み立て工場で、50歳代以上の従業員などが作業をしやすくした生産ラインの導入を進める。』

『若い人材の確保が難しくなるなか、従業員が長く働きやすい環境を整える。』

『高齢者だけでなく外国人や女性など、経験の浅い従業員も働きやすい環境づくりを急ぐ。』

 

以上 日経産業新聞12面掲載記事より一部抜粋

 

——

 

人の作業を機械に置き換えるということは、ずっと行われてきました。これは、機械による代替。しかしこの記事にあるように、可能な限り長い間働き続けてもらうために生産ラインを整える、という内容は、機械による代替ではなく、機械による補助です。

世界最強の棋士は人でもなく、AIでもなく、人とAIのコンビです。新しい時代、人と機械が相互に補完しあいながら発展していくことが期待されていますが、そのきっかけは、もしかしたら健康で長く働き続けてもらうための環境づくりかも知れません。

これから各生産工場で、同様の取り組みがどんどん広がっていくような気がします。

 

以上 日通システム