企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(5月18日日本経済新聞)ドコモ、出退勤を柔軟に 働き方改革に本腰

POSTED : 2017.5.18

 

2017年5月18日(木)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『NTTドコモは働き方改革に乗り出す。出退勤の時間をずらせる「フレックスタイム制」の対象者を本社勤務の社員5600人に広げたほか、在宅勤務が利用できる日数を増やす。働きやすい環境を整えることで、子育て中や介護中の社員を含めた多様な人材が活躍できる環境を整える。』

『ドコモグループ全体で社員が在宅勤務を使えるようにもする。回数を従来の月5回から月8回に増やす。例えば午前は在宅勤務とし、午後に休みを取得すれば、社員が子どもの行事に参加しやすくなる。』

 

以上 日本経済新聞14面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

ドイツでは、平日の昼間から、子供たちと一緒に街を歩いたり、日光浴をしている働き世代をよく見ます。今の日本は、平日の昼間はスーツ姿の男性であふれていますが、これからはスーツ姿にかかわらず、ファミリーなど様々な姿を見ることができるようになるのではないかと感じました。大手だけでなく、中小企業含めて、在宅勤務が実現すると素晴らしいと思います。

 

以上 日通システム