企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(5月15日日本経済新聞)睡眠不足も乗務禁止

POSTED : 2018.5.16

 

2018年5月15日(火)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『国土交通省は6月から、睡眠不足のバスやトラック、タクシー運転手の乗務を禁止する。』

『これまで疾病や疲労、飲酒については乗務を認めないよう明記されていたが、「睡眠不足」は記載がなかった。』

『さらに事業者は乗務前に運転手の健康状態を確認する点呼で寝不足でないかを把握し、記録に残すことも必要となる。』

 

以上 日本経済新聞38面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

乗務禁止、点呼での確認、記録に残すこと、といった内容は、人手不足から生じるドライバーの睡眠不足とそれが原因とみられる事故の減少に直結しないかもしれません。しかし、こういった規制が設けられることによって、経営者の意識が効果的なシフトや人員の維持・獲得のための施策につながれば、それを実現するためのソリューションのニーズにつながります。

そういったソリューションに対するニーズが生まれれば、それを実現する民間のサービス提供が生まれます。

 

人手不足の解消は簡単ではありません。今ある人員でも仕事の効率を最適化し、一人ひとりの負荷をできるだけ軽減できるようなソリューションが今後ますます求められるようになると思います。

 

以上 日通システム