企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(3月7日日経産業新聞)「プレ金」初日の実践は3.7% インテージ調べ

POSTED : 2017.3.8

 

2017年3月7日(火)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『調査会社のインテージ(東京・千代田)は2月24日に初めて導入された金曜日の午後3時に退社を促す「プレミアムフライデー」の実施状況を調査した。同日、東京都や神奈川県など首都圏で実際に早く帰った社員・職員の割合は3.7%にとどまったことが分かった。』

『職場でプレミアムフライデーが実施または奨励されたと答えた人は全体の10.5%だった』

『多くの社員にとってプレミアムフライデーは縁がなかったようだ』

 

以上 日経産業新聞23面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

確かに割合は低いかも知れませんが、もしこれが全国的な数値だとすると、生産年齢人口7836万人の3.7%とすると300万人近くになります。10.5%とすると、800万人以上。決して少ない人数ではありません。これからこの割合が増えていくのか、減っていくのか、大変注目です。

 

以上 日通システム