企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(3月12日日本経済新聞)人生100年学び直し休暇を

POSTED : 2018.3.14

 

2018年3月12日(月)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『「人生100年時代の到来を見据え、経済産業省の有識者研究会が報告書をまとめた。社会人が自らのキャリアや働き方を見直すため、国内外の大学院や専門学校、海外ボランティアなどで学び直す「サバティカル休暇」と呼ばれる有給の長期休暇制度の導入を企業に呼びかける。』

 

以上 日本経済新聞3面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

サバティカルはアメリカでは2010年くらいにはすでに多くの企業で導入されていました。ちょうどそのころアメリカでは同様に、ボランティア休暇の推奨や、教育訓練への企業からの補助が浸透しており、Great Place to Work InstituteによるThe Best 100 company to work forに選定された企業の多くが、こういった仕組みを導入していました。

 

日本の長時間労働が問題になっているという論点で、働き方改革をとらえると、せっかくのサバティカルの制度も台無しになってしまうと思います。この記事にあるとおり、「社会人が自らのキャリアや働き方を見直す」ために、サバティカルを導入すること、そして、社員がサバティカルを取得した後も会社に戻って、さらに働き甲斐を高めて働き続けてくれる、そんな会社になることが、サバティカルの本当の意義ではないかと思います。

 

以上 日通システム