企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(12月13日日経産業新聞)血糖値 カルテに転送 テルモ、病院向け測定器

POSTED : 2017.12.13

 

2017年12月13日(水)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『テルモは12日、病院用の血糖測定器「メディセーフネットプロⅡ」を発表した。病棟で測った患者の血糖値を電子カルテに自動で転送する。』

『測定データは近距離無線通信の国際規格、NFCを使ってパソコンなど端末に取り込み、院内ネットワークを通じて電子カルテに送る。血液の吸引や測定に使う専用チップの構造を見直して、血糖値の測定精度を高めた。』

 

以上 日経産業新聞11面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

医療現場で電子カルテに自動でデータを転送する測定器が使われるようになると、大きな業務負担の軽減になります。電子カルテは大規模病院では普及していますが、200床以下の病院への普及率はまだ低い状況です。血糖値という測定頻度の高い項目について、精度高く電子カルテにデータが自動的に転送されるようになると、その利便性の高さから、電子カルテの普及にもつながるのではないかと感じました。

診療報酬改定が話題になり、医療経営の在り方そのものも大きな議論となっています。こういった新しいテクノロジーが提供できるソリューションの重要性はますます高まっていくと感じます。

 

以上 日通システム