企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(1月6日朝日新聞朝刊)「高齢者75歳から」

POSTED : 2017.1.6

 

2017年1月6日 朝日新聞朝刊に以下の記事の掲載がありました。

 

『一般的に65歳以上とされている高齢者の定義について、日本老年学会と日本老年医学会は5日、75歳以上とすべきだとする提言を発表した。65~74歳は「心身とも元気な人が多く、高齢者とするのは時代に合わない」として、新たに「准高齢者」と位置付けた。』

『65歳以上では脳卒中などで治療を受ける割合が以前より低下する一方、身体能力をみる指標の歩行速度などが上がる傾向にあり、生物学的に見た年齢は10~20年前に比べて5~10歳は若返っていると判断した。』

『65~74歳は「高齢者の準備期」と位置付けた。この世代を「社会を支える人たち」と捉え直し、より多くの人が参加する活力ある超高齢社会につなげる狙いがある』

 

以上 朝日新聞朝刊の一部より抜粋

 

——

 

言葉の定義の問題であり、実際には健康状態、身体能力、知的能力には個人差があると思いますが、総論として「65~74歳は、高齢者ではない」という明確な定義がなされたことからは、74歳以下の方々は活き活きと働き続ける能力は失っていないという制度的な裏付けを読み取ることができます。

日本老年学会、日本老年医学会という2つの学術的権威からの定義であることの意味合いも大きいでしょう。

一億総活躍社会の中で、これから、65~74歳の方々にどのような活躍をしていただくか、政府としての支援・応援または奨励の枠組みが生まれてくるのではないか、と感じました。

 

以上 日通システム