企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(1月22日日経産業新聞) Retty、社員同士褒め合う

POSTED : 2018.1.22

 

2018年1月22日(水)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『グルメ情報サイトを運営するRetty(レッティ、東京・港、武田和也社長)が社員同士で成果を褒め合いポイントを贈る「ピアボーナス制度」を導入し、社員のモチベーション向上に取り組んでいる。全社員が全員のやりとりを見ることができ、働きぶりの「見える化」にもつながっている。』

 

『同社は佐内のコミュニケーションツールとしてチャットアプリ「Slack(スラック)」を利用している。スラックと連動することができ、スラック上に作った専用スレッド「ユニポスチャンネル」で簡単にポイントを送りあえるのも利用が盛んな理由の一つだ。』
以上 日経産業新聞17面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

社内のコミュニケーションの手法が、一方向でも、双方向でもなく、マルチな方向になっており、それを活性化する手段として、新しい仕組みが生まれていっていると思います。もともと、サンキューカードや誕生日カードなどを導入してる企業は多いと思いますが、コミュニケーションがマルチな方向になればなるほど、働くうえでのモプラスのモチベーションの重要性は増していくと思います。もともと同じ目標と方向性をもって、お互いを尊重しあう関係にある組織に集まった人々にとって、少しの「うれしい」が、モチベーション向上にもたらす効果は大きいと思います。