企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(1月15日日本経済新聞朝刊)味の素ゼネラルフーヅ 在宅勤務 全社員対象に

POSTED : 2017.1.16

 

2017年1月15日(日)の日本経済新聞朝刊に以下記事の掲載がありました。

 

『味の素ゼネラルフーヅ(AGF)は全社員を対象とした在宅勤務制度を導入した。業務の効率化を図ると同時に、育児や親の介護など時間と場所の制約を抱える社員が仕事と家庭を両立できるよう後押しする。』

『在宅勤務は約600人の正社員と再雇用社員が対象で、月5日まで取得できる』

 

以上 日本経済新聞朝刊5面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

フレックス、朝活、テレワーク、職住近接など、ワークライフ・バランスの推進のための様々な取り組みが実施されていますが、この在宅勤務制度も大変参考になる取り組みだと思います。

在宅勤務の奨励がワークライフ・バランス推進のために望ましいことは間違いありませんが、一方で在宅で勤務する社員のマネジメント体制をどのように構築するかということも課題で、本格的に取り組むことができる企業は限られています。

しかし月5日という限られた日程ならば、多くの企業が取り入れることが可能かも知れません。またそれにより生産性が向上すれば、諸々制度を調整しながら、自社にとって最も望ましい在宅勤務体制を構築できるかも知れません。

今後こういった取り組みは、広がっていくと思われます。

 

以上 日通システム