企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(9月8日日本経済新聞)仕事でストレス6割 人手不足、負荷高まる

POSTED : 2017.9.11

 

2017年9月8日(金)の日本経済新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『仕事で強いストレスを抱えている労働者は59.5%と6割近くに上ることが7日、厚生労働省の2016年労働安全衛生調査で分かった。15年の前回調査と比べ3.8ポイント増加した。一方、メンタルヘルス対策に取り組む事業所の割合は56.6%と同3.1ポイント低下し、厚労省は「中小企業を中心に支援を充実させていきたい」としている。』

『労働者に強いストレスの原因を3つ以内で答えてもらったところ、「仕事の量・質」が53.8%で最多だった。人手不足で一人あたりの業務負荷が高まっていることなどが原因と見られる。』

 

以上 日本経済新聞38面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

ぜひ、労働安全衛生調査の全体をご確認いただきたく思います。

 

平成28年度労働安全衛生調査

 

ストレスチェック実施の詳細な分析が掲載されていて、大変参考になります。

平成27年12月~平成28年11月にかけて企業はストレスチェックを実施していると思いますが、他の企業はどうだったのか、この調査結果の概要から多くを学ぶことができます。

 

以上 日通システム