企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

(10月19日日経産業新聞)千葉銀 融資対象を拡大 企業の働き方改革支援

POSTED : 2017.10.20

 

2017年10月19日(木)の日経産業新聞に以下記事の掲載がありました。

 

『千葉銀行は社員の仕事と家庭の両立に積極的な企業向けの「ちばぎんダイバーシティ推進支援融資制度」の対象を広げた。女性の登用や若者の雇用・育成で優れた取り組みを実施している企業を追加。』

『新たに、厚生労働相が子育て支援に取り組む企業に与える最高位の「プラチナくるみん」、女性活躍を推進する企業に与える「えるぼし」、若者の採用や育成に積極的な「ユースエール」などの認定企業を加えた。従来は仕事と家庭の両立に積極的な「くるみん」など2種類の制度に限っていた。』

 

以上 日経産業新聞19面掲載記事の一部より抜粋

 

——

 

健康経営にしても、働き方改革にしても、客観的な認定が確立されてきています。今後こういった認定の幅が増えていくことへの期待もある一方で、その認定の取得のハードルは上がっていくことが予想されます。一時期、ブラック企業という言葉がはやりましたが、今後はホワイト企業というカテゴリが確立されていくように感じます。企業はあくまで器であり、実際に企業を動かしているのは従業員です。器である企業が、ホワイトであると認定されると、優秀な人材が集まり、その人材がさらに器を大きくしていく。そういった姿が、客観的な認定制度により、今後ますます明確に見えるようになっていくと思います。

銀行にとっては、優秀な融資先を獲得するための一つの商品メニューとしてだけでなく、時代の流れを的確にとらえていく上でも、こういた認定企業を対象とした商品の重要性は高まっていくと感じました。

 

以上 日通システム