企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • NEWS / お知らせ

NEWS/お知らせ

ネオファースト生命 5年健康なら保険料安く(日本経済新聞)

POSTED : 2016.2.10

2月10日の日本経済新聞に『第一生命保険グループのネオファースト生命保険は契約時に持病があっても5年間健康を維持すれば保険料を割り引く新たな医療保険を3月から発売する』と掲載されています。
 
『第一生命が持つ1000万人のビッグデータを分析して保険料を設定した。肥満や高血圧、糖尿病などの人に健康な生活習慣を促すきっかけになると見ている。持病がある人向けの健康割引は業界で初めて』とのこと。

 

 

生活習慣を改善すると、保険料が安くなる。というのは、まさに健康増進を進めるためのインセンティブになります。契約者が生活習慣改善をしなければそれは保険会社にとってリスクになります。もともと「契約時に持病がある」人は、健康障害発生するリスクが高い中、生活習慣改善のための活動を実際に行うかどうかも、契約時には分かりません。このような2重のリスクを、ビックデータを用いて分析して、保険商品化したことは画期的と思います。

 

 

緻密な計算をもとに保険商品化されていると思いますが、上市してうまくいくかどうかは、まだ未知数だと思います。そういった中で、先行して発売をすることを決定したのは、収益よりも社会貢献が目的であることは間違いないでしょう。こういった保険商品が成功すれば、「生活習慣改善をすると保険料が安くなる。」ということが将来常識になるかも知れません。