企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • 専門家視点で発信する健康ブログ

専門家視点で発信する健康ブログ

第二回 あいち健康経営会議(2月22日)

POSTED : 2017.12.12

 

 

第二回あいち健康経営会議は終了いたしました。

 

たくさんの方のご参加誠にありがとうございました。

 

—————————

人生100年時代を迎え、生涯現役社会の実現が望まれており、職場と地域社会での健康増進の取り組みの重要性はますます高まっています。幅広い規模・幅広い業種の企業で健康経営への意識も高まっており、まさに健康経営は「実践」のステージに来ていると言えます。あいち健康経営会議実行委員会は、地域で、職場で、「みんなで実践する健康経営」をテーマに、第二回 あいち健康経営会議を開催いたします。

 

日時   :  平成30年2月22日(木)13:30~17:00 (12:45開場)

場所   :  ナディアパーク デザインホール(名古屋市中区栄三丁目18番1号)

参加費 :  無料

定員   :  300名

主催   :  あいち健康経営会議実行委員会

 

13:30 開会挨拶(あいち健康経営会議実行委員長 愛知みずほ大学 学長・教授 佐藤 祐造 氏)

 

13:35 厚生労働省 東海北陸厚生局 健康福祉部 地域包括ケア推進課

地域包括ケアシステム(「住まい」「予防」「医療」「介護」「生活支援」)の確立の上でも、生涯現役社会の実現が重要なテーマです。健康経営への期待を含めて、東海北陸厚生局より説明します。

 

14:00 経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課

2月には健康経営銘柄2018の選定および健康経営優良法人2018の認定が予定されています。経済産業省より、健康経営の推進に向けて、現在の課題と目指すべき姿、今後の方針について、最新の動向も踏まえて説明します。

 

14:25 NPO法人 健康経営研究会 理事長 岡田 邦夫 氏

健康経営は、経営者が経営と健康の両立を経営戦略として進めることで、従業員のワークリテラシー向上(職育)とヘルスリテラシー向上(健康教育)を効果的に実施し、労働生産性を高め、かつ従業員の健康の保持を図るものです。経営者にとって、労働者にとって、健康経営とは何か、最新の事例も踏まえて講演します。

 

15:00 休憩

 

15:10 企業の取り組み事例紹介:リゾートトラスト株式会社

リゾートトラスト社(本社:名古屋市)の健康経営への取り組みは24時間不規則な勤務体系と接客現場のストレスの中で、「どうすればイキイキと働き続けてもらうことができるか」という危機意識から始まりました。部署をまたいだプロジェクトチームで10年間にわたって一つ一つ課題を解決してきた結果、ホワイト500認定、名古屋市女性の活躍推進企業優秀賞などの受賞に至りました。実際に取り組んできた「働き方改革」「健康経営」のプロセスを紹介します。

 

15:35 愛知県立大学 看護学部 教授 岡本 和士 氏

教育・研究とともに、産業医として企業の労働安全衛生にも取り組まれている岡本和士教授より、独自に作成した調査票に基づいて6000人以上に対して調査した結果と、その調査結果から得られる考察、及び企業が向かうべき方向性について発表します。

 

15:50 パネルディスカッション

全国健康保険協会(協会けんぽ)愛知支部と愛知県内の健康経営優良法人2017(中小企業部門)認定企業3社にて、健康経営の実践についてディスカッションを行います。

 

16:30 質疑応答

質問用紙を事前に配布・回収し質問用紙に基づき行います。

 

17:00 閉会