企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • 専門家視点で発信する健康ブログ

専門家視点で発信する健康ブログ

労働衛生コンサルタント小倉医師

POSTED : 2015.6.17

労働安全・労働衛生に関するスペシャリストである労働衛生コンサルタントとして、人々のメンタルヘルスケアに日々従事されている小倉医師にストレスとは何か?ストレスチェックがなぜ必要か?について解説いただきました。

doctor_ogura_photo

経歴

河合塾ドルトンスクール、陽明小学校、東海中学、東海高校卒、名古屋大学医学部(平成10年卒)を経て、医師免許取得。
安城厚生病院外科、知多市民病院外科医長、名古屋大学医学部附属病院医院を経て、平成20年2月 医療法人社団明照会理事長就任。
トータルサポートクリニック院長となる。
日本外科学会認定医。
平成23年、労働衛生コンサルタント資格取得。

要約

  • 情報化社会では、日々処理をしなければならない情報がどんどん増えている。そういう社会そのものがストレスの原因に なっていると考えられる。そして、これからどんどんストレス化社会になっていく。
  • 現代社会においてはストレスは誰しもが受けるものだと認識することが必要である。
  • ストレスチェックは、ストレスチェックの原因を自分で知るのが目的である。
  • 自分のストレスの性質や量、そして自分の体に対する負荷がどれくらいかかっているかを知ることが大事である。
  • 勤怠管理のデータを基にストレスチェックを行うことに発展性がある。会社全体、あるいは個人対象のアクション リスト(やるべき事)の提案につながる。