企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • 企業・健保の取組事例

企業・健保の取組事例

身近なリスクに対応、アイアル少額短期保険

POSTED : 2015.6.16

41bd57d53f43306c3fdd30aca5a7b8e8-300x204
インタビューに答える安藤克行代表取締役社長

 

1.少額短期保険が誕生した背景とは?

アイアル少額短期保険株式会社(以下「アイアル」)は昭和59年に創業した学総株式会社と平成18年に創業したライズ少額短期保険会社の合併により誕生した。

平成18年は保険業法の改正により日本で「少額短期保険業」が新たに誕生した年である。もともと生命保険と損害保険はリスクの質が異なることから、保険業法上、一つの会社が生命保険業と損害保険業を同時に行うことはできなかった。

しかし、「少額短期保険業」の誕生によって「少額」かつ「短期」な保険であれば、一つの会社が生命保険と損害保険の両方を販売することが可能となり、さらに少額短期保険は登録制のため、認可制の大手保険よりも参入障壁低く新規商品を提供できることになった。

>>次へ 2.少額短期保険の特徴とは?