企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む健康経営 コミュニティ 健康経営.com

文字サイズ

標準

拡大

健康経営.com

bookinアイコン Twitterアイコン faceアイコン

企業・従業員・自治体・健保組合で取り組む 健康経営 コミュニティ

  • HOME >
  • 企業・健保の取組事例

企業・健保の取組事例

あいちヘルスアップコンソーシアムの挑戦

POSTED : 2015.7.6

IMG_1694

(写真撮影:2015年6月23日あいちヘルスアップコンソーシアム定例会より)

 

2015年6月23日に愛知県名古屋市にある愛知県立大学サテライトキャンパスで開催されたあいちヘルスアップコンソーシアムの定例会後、コンソーシアムの主催者・事務局である岡本教授、高山研究員、長谷川コンサルタントにインタビューを実施しました。

 

<インタビューさせていただいた方々>

愛知県立大学 看護学部教授

疫学・公衆衛生学 医学博士 岡本和士様

 

独立行政法人 国立健康・栄養研究所 健康増進研究部

協力研究員 高山光尚様

 

日本事務器株式会社 事業推進本部 産業ソリューション事業推進部 特定事業推進グループ

コンサルタント 健康管理士一般指導員 長谷川亮様

 

-----------------

 

日通システム:

岡本先生は、健康経営についてどのようにお考えでしょうか?

 

 

岡本教授:

私はビジネスにおける一番の中核が健康だと思っています。人がしっかりと働いているから事業が成り立つ。人は健康でないと、働けない。だから、これからの会社は健康が中心にこないといけないんじゃないかな、と考えています。

従業員としては、会社が自分達の健康を考えてくれると、「そこまで考えてくれるならば、がんばらなければいけないよね」とモチベーションが上がり、モチベーションが上がれば生産性も上がる。会社としては、一生懸命働いて利益を生み出してくれる従業員のために、従業員の健康を守る。健康で働いてくれる従業員が増えれば、会社の収益も上がる。会社の収益が上がれば、従業員にも還元されて、従業員もますますモチベーションが上がる。特に今、就職先を探すときに就職先がブラック企業かどうかということが一番気になる。でも、従業員の健康を大事にしている企業だったら、従業員の健康のために「こういうことをやっていますよ」ということを発信することができ、会社のステータスにもなり、いい人材が集まる。

こうやって、いい循環を生み出していくのが、健康経営ではないかな、と思います。日本企業の場合、昔から「従業員は健康で働き続けるのが当然」という幻想をもっているところがあります。病気で会社を休むと、何か悪いことをしているような錯覚をもってしまう雰囲気があるが、それはおかしいと思います。会社が「どうして病気になるんだ」という発想を持ってしまうと、「どうせ歯車の一つに過ぎないんだな」と従業員は思ってしまい、モチベーションは下がる。そうではなく、ビジネスの中心に健康をドンとおいて、そしてそれを大事にする。それが、健康経営だと思います。

 

 

日通システム:

すでに健康経営に取り組んでいる大企業は多いですが、中小企業にとってはなかなか取り組みにくいと思います。健康経営は中小企業にも普及するのでしょうか?

 

 

岡本教授:

私は中小企業ほど、ビジネスの中心に健康を置かなければならないと思います。零細企業になると、みんながプレーヤーで、9人ギリギリの野球チームで一人でも欠けたら野球ができない状況にあります。しかし中小企業の場合は、関心が「健康」でなく、「利益」にあることの様に思われます。つまり、日々、お金を回していかなければならない中で、利益ばかりに目がいってしまっている。例え会社の収益が上がったとしても、9人ギリギリで働き続けて、それぞれの健康状態が悪い状態だったら、会社は大きくなっていきません。従業員の健康がおちれば、アウトプットの質がおちます。製造業ならば品質がおちます。そうするとクレームが起きて、対応のために結局時間は倍かかります。健康状態が悪いにもかかわらず、倍の時間をかけて、そして収益がおちれば、従業員としても「こんな会社やっていられん」という気持ちになります。

実は、中小企業ほど、一人一人の健康をしっかりと見て、大事にしてサポートしてあげることが、メリットにつながりやすいはずです。中小企業が健康経営に注力すると、いい人材が集まり、いい評価を得る。従業員を大事にしている会社は、従業員が会社を大きくしてくれます。そもそも、人は「働け、働け」といわれると、働きたくなくなるものです。むしろ、収益を上げたいならば、まず、従業員を大事にすべきだと思います。

 

 

日通システム:

中小企業が健康経営に取り組むためには何が必要なのでしょうか?

 

 

岡本教授:

まずはお互いの気持ちが分かる職場をつくることだと思います。中小企業の場合はそれぞれが専門特化していて、なかなか相談できる人がいません。もし相談できる人が近くにいれば、「困ったら聞けばよい」と思うことができる、これだけでも全然違うと思います。さらに、「ようやったな、がんばったな」とやったらやった分だけ評価してくれれば、モチベーションが上がると思います。そうすれば、誰も、「歯車の一つ」なんて思わない。そういった、些細なことが、健康経営の第一歩だと思います。

 

 

日通システム:

あいちヘルスアップコンソーシアムには中小企業の製造業も参加されていますね

 

 

岡本教授:

元来、中小企業の方が、健康経営には取り組みやすいのです。トップダウンで取り組める。でも、中小企業にとっては、何からどうはじめたらよいか分からない。そこであいちヘルスアップコンソーシアムのような組織に参加されれば、いろんな情報を得ることができます。

中小企業の社長が、「うちは大丈夫」と思っていることが、実はそれが問題です。いい部署もあれば、悪い部署もあるのですが、経営者にはなかなか細かいところまで目が届きません。そこで、あいちヘルスアップコンソーシアムの「健康度調査票」によって分析をすると、実は部署や事業所間で大きな違いが出てきます。そこで背景要因をさらに調べると、改善ができます。

あいちヘルスアップコンソーシアムには、健康経営に取り組んでいる大企業もたくさん参加していますし、健康経営のためのシステムを提供している企業やツールを提供している企業も参加している。スポーツジムを経営している企業も参加している。自治体も、医師会も、保健師も参加している。あいちヘルスアップコンソーシアムに来れば、他の会社と比較して、自社はどうなのかという気づきを得る機会もありますし、どういうツールやシステムを使って、具体的にどうやって取り組めばいいかというアイデアも得ることができます。

 

IMG_1693

(写真撮影:2015年6月23日あいちヘルスアップコンソーシアム定例会より)

 

 

次へ>> 2.あいちヘルスアップコンソーシアム 設立の背景